ハラスメント対策のことなら株式会社シエーナ

3.ハラスメント防止プログラム①(全3回の研修プログラム)

3.ハラスメント防止プログラム①(全3回の研修)

本プログラムは

・ハラスメントに関する知識を共有する。
・過去の常識や価値観による思考パターンを緩める。
・察する文化から伝え合う文化へ移行するための、相手を尊重しながら自己主張をするアサーティブコミュニケーションスキルの習得。

を学ぶための研修プログラムとなります。

※なお、本研修とあわせて「ハラスメント防止プログラム②(実践サポート)」を受講していただくと、より実践度が高まります。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a

【ステップ1】集合研修の実施

【第1回】ハラスメントの概要と対応方法を学ぶ。
【第2回】ハラスメントが起きる背景を知り、自動思考を緩める。
【第3回】自分と相手を尊重するアサーティブコミュニケーションを身につける。

【第1回】ハラスメントの概要と対応方法を学ぶ。

【ねらい、目的】
・ハラスメントの種類と現状について理解する。
・どのような行為が「セクハラ」「パワハラ」に該当するのか認識を共有する。
・ハラスメントが発生した場合の対応方法と予防のポイントについて学ぶ。
・実際に職場で起きうるハラスメント事例に対して、グループディスカッションを行い対応策について全体で共有する。

【研修概要】
・ハラスメントの種類と現状について
・企業に求められる対応について
・セクシャルハラスメント(セクハラ)とは
・パワーハラスメント(パワハラ)とは
・指導とパワハラとの違い
・ハラスメントの解決対応とは
・グループディスカッション(事例に基づく対応策を話し合う)

【第2回】ハラスメントが起きる背景を知り、自動思考を緩める。

【ねらい、目的】
・過去の常識や価値観が自分自身の考え方や行動にどう影響しているか?認識を共有する。
・感情と出来事の関係を知る。
・自分の自動思考を探る。
・自分の自動思考の緩め方を知る。

【研修概要】
・過去の常識や価値観の影響とは
・出来事と感情の関係
・自分の自動思考を探る
・自分に起きていることを把握する
・自動思考の緩め方とは

【第3回】自分と相手を尊重するアサーティブコミュニケーションを身につける。

【ねらい・目的】
・言いづらいことや自己主張する際に、相手が受け取りやすい配慮をしたアサーティブコミュニケーションを習得する。

【研修概要】
・相手を尊重しながら自己主張するアサーティブコミュにケーションとは
・あなたのアサーティブ度チェック
・自己主張のスタイル
・アサーティブな伝え方
・パワハラにならないアサーティブな伝え方ロールプレイ
・事例における「シナリオ作り」「ロールプレイ」「振り返り」を実施

【ステップ2】次回研修までの間、個別のメールサポートを実施

集合研修、職場での実践におけるメールサポートを、受講者別に回数無制限で行います。

【ステップ3】次回研修時、前回テーマの振り返り実践の報告と学びの共有

次回研修時に実践の報告と学びの共有を行います。

費用

本プログラムに関しては、【45万円(税別)+交通費実費】(1回15万円(税別),1回120分、合計3回の集合型研修)にて対応しております。
※研修時間や研修内容についてはご希望にあわせてカスタマイズさせていただきます。
※プログラム内容にカスタマイズが必要な場合は、別途費用がかかる場合がございます。
※貴社のご要望により、1回の研修時間が120分に満たない場合であっても、上記研修費用と変更ございません。
※内容詳細についてはお気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせください。03-5944-9212受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせお気軽にお問い合わせください。
PAGETOP
Copyright © ハラスメント対策ならお任せください All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.