ハラスメント対策のことなら株式会社シエーナ

行為者・加害者・管理職むけーハラスメント防止プログラム(個別対応)

行為者・加害者・管理職むけーハラスメント防止プログラム(個別対応)

オンラインでも実施可能です

パワハラなどのハラスメントにおいて、このようなお悩みをお持ちではありませんか?

 

 経営幹部・管理職が自覚なくハラスメントをしている。

 経営幹部・管理職が一昔前の指示命令マネジメントに囚われており、新しい時代のマネジメントにシフトできていない。

 社内にハラスメントが蔓延しており、若手社員の離職者が多く、定着率が悪い。

 経営幹部・管理職のハラスメントを防止して、離職者を防ぎ定着率を上げたい。

 ハラスメントの行為者にフォーカスした個別の研修や改善方法を探している。

 経営幹部・管理職が一昔前のマネジメント習慣から、新時代のマネジメント習慣へシフトさせたい。

 経営幹部・管理職には、ハラスメントの防止はもちろんのこと、新時代のマネジメントを習得し、1人1人の個性や価値観を尊重したマネジメントを行わせたい。

 

実際に当プログラムを受講いただいた方の感想です。

Q1.(6か月前と比較して)コーチングを受けて変わったことは何ですか?

社内社外の人への応対(態度・声のトーン)やコミュニケーションの取り方が変わりました。特に、コミュニケーションスタイルを教えて頂いたことで、人によりコミュニケーションの取り方を変える必要があることが視野的に理解できたことで、タイプ別に気をつけて接するようになりました。

Q2.(6か月前と比較して)コーチングを受けてどんな効果がありましたか?

少しですが、気持ちに余裕が持てるようになっていると思います。気持ちに余裕が持てたことは、仕事に対して、前よりも前向きに向き合えるようになったことに繋がっていると思います。また、気持ちに余裕が持てたためか、少し、相手の立場で物事を考えられるようになり、部署間の交渉がスムーズに行える割合が増えました。

Q3.コーチングを受けてよかった点を教えてください。

もともと、自分の不得手はわかってはいましたが、アセスメントを実施することで明確になり、その改善に取り組みやすかったです。また、1つずつ改善を行い、再度、アセスメントを行うことで、前の課題が改善されていれば、新たな課題が見えてくるので、継続的に改善を進めることができている点が、非常に良いと思います。
それと、自身の行動を振り返り、行ったことへの反省点を考える習慣がついたことで、行動自体も継続的に改善が出来ると考えてます。

Q1.(6か月前と比較して)コーチングを受けて変わったことは何ですか?

自己中心的な考え方が強かったが冷静に自己を見つめれる時間ができ、自身の「強み」「弱み」が少しですが理解でき、日々の行動に生かせていけるようになった。
まだまだ、知らないことが多く幾つになっても「学ぶ」ことが大切だと感じ、ビジネス書を読み返したり興味のある本を読むようになった。

Q2.(6か月前と比較して)コーチングを受けてどんな効果がありましたか?

「聞くことが大事」だと理解が深まり、話を聞くことにより相手が何を考えているかを深いところまで少しですが理解できるようになった。

Q3.コーチングを受けてよかった点を教えてください。

・コミュニケーションの大切さを痛感し、大切さを痛感したこと。
・人それぞれ環境や考え方が違うことを再認識できたこと。

こちらにも感想を掲載しておりますので、あわせてご覧下さい。
本プログラムはハラスメントの行為者・加害者や管理職むけのハラスメント防止プログラムです。

 

ハラスメントの言動に大きな影響を与えている「過去の常識や価値観による思考」を1人ずつ個別に探り、個別に影響を受けている思考を緩め、さらに新たなコミュニケーション手法を身に着けることでハラスメント的言動を減らす実践支援のサービスとなります。具体的には、受講者とビジネスコーチが1対1の個別対応にて【昔ながらの気合と根性を求めるマネジメント手法】から脱却し、【多様な価値観を尊重した時代の変化に合わせたマネジメント】へのシフトを定期的(1ヶ月に1回)な個別の研修およびセッションを通して実践支援を行います。

 

一定期間継続して研修および実践支援を行うことで、受講者の【古い習慣】を【新しい習慣】へシフトさせることを目的としています。

 

ハラスメント研修を受講することで知識を習得することはできますが、1人1人の実践となると「本人が変えたいと思っていても変えられない」というケースも出て参ります。なぜなら、ハラスメント的な言動の影響を受けている思考や価値観は1人1人異なり、また、その思考や価値観(部下は厳しく指導すべきだ、仕事を第一に考えるべきだなど)を本人が正しいと信じていればいるほど、その思考や価値観に無自覚に囚われてしまい、思考や価値観をコントロールできずにいつも同じパターンを繰り返してしまう(例:ハラスメント的な言動を反応的に行ってしまう等)ということが起きるからです。

 

そこで、本プログラムでは、毎月の研修に加えコーチとの1対1のコーチングセッションを通して、受講者別にどのような思考に縛られているのかを探っていき、その思考を緩めるアプローチを行い、ハラスメント的言動を減らしていくことはもちろん、それだけではなく、次世代のリーダーとしてのあり方を実践を通して身につけていくプログラムとなります。

 

目的

・研修で得た知識に基づく実践力の強化。
・個別に影響を受けている過去の常識や価値観を探り、自動思考を緩める個別サポートを行う。
・実践後の振り返りをすることで、更なる実践を促進。
・次世代のリーダーとしてのあり方の習得。
・前時代的なマネジメント手法からの脱却と、時代の変化にあわせたマネジメントへのチェンジ

 

サービス概要

サービス提供期間:6か月
・1回/月、計6回/6か月実施
・1回あたり 60分(研修15分(テーマ別)+コーチング45分(実践フォロー))

実施例

実施方法

原則、対面(コーチが貴社へ訪問・受講者が来社)で実施いたします。
(電話・Zoom等での対応も可)

 

記録

毎回のセッションログを1週間以内に送付。

 

サポート

セッションとセッションの間のメールサポートを実施。

 

守秘義務

社外はもちろんのこと、個別のセッション内容は会社(経営者、上司など)にも公開しません。

 

毎月の研修およびコーチングセッションの流れ


 

費用

本プログラムに関しては、1人あたり【総額30万円(税別)+訪問の場合、訪問先への交通費の実費】となります。

※上記価格には、本プログラム開始時のオリエンテーションおよび終了後のフィードバックサービスが含まれております。
※内容詳細についてはお気軽にお問い合わせください。

 

 

お気軽にお問い合わせください。03-5944-9212受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ お気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせください TEL 03-5944-9212 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © ハラスメント対策ならお任せください All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
PAGE TOP